« さわやかな1日 | メイン | 久しぶりの駒沢公園ラン »

2013年6月29日 (土)

世界の富士とクルム姉さん

富士山の入山料が暫定的に決定したそうです。

 

期間は7月25日から最長10日間となる見通しで、支払いは任意。

 

任意って?払っても払わなくてもええの? 

 

”午前9時から午後6時までの間に山頂を目指す登山者から徴収する” 

 

ってどう?なんか中途半端と違う??? 

 

自分的構想では一回3000円入山料で、年間パスが7000円。

 

途中のドリンク券サービスとトイレは無料で、山頂に体調不良な登山者のための医師と診療施設を設置。

 

さらに入山者の装備チェックなど、お金を取る以上、登山者の安全を確保する設備も備えるってどうでしょう。

 

登山者の制限にマラソンレースのように抽選もいいかも。 

 

何れにしても、この富士山フィーバーで無知で無計画な登山者の事故防止対策が急務だと思う今日この頃でございます。

 

Img_9813_2

 

でそんな事を思いながら金曜、会社を出たのが午後8時40分。 

 

走る時間は勿論、お風呂もぎりぎりの時間でしたが、何とか”霞ヶ丘温泉”に滑り込みました。

さらに夜のニュースでは女王クルム伊達さんがまたまた快挙達成。全英ツアー最年長の42歳で3回戦進出したとの事。

 

Img_9844_2
 

 

先日の山中教授もええ顔でしたが、この日のクルム姉さんもほんまええ顔やね。 

 

がんばらんと・・・。 

 

コメント

コメントを投稿